事業所のコスト削減をトータルプロデュース。電気料金削減・消防・キュービクル点検費の削減のことならサイホーへ

遮熱塗料「ナノスクリーン」

  • HOME »
  • 遮熱塗料「ナノスクリーン」

nano-screen-top

窓ガラス用遮熱塗料 「ナノスクリーン」とは?

この「窓ガラス用遮熱塗料」は、1990年代、公衆電話ボックスにガラスコーティングする事を目的に日本で初めて開発されました。
従来、電話ボックスには暑さ対策として「フィルム」が利用されていましたが、「フィルムよりも傷つき難く剥がれにくい素材」という目的で開発が進みました。
その後も、10数年にも亘る試行錯誤を重ね、

①ガラスとの高密着性、高耐久性、高耐候性を持つ塗膜  ②経年劣化しにくい紫外線吸収材  ③効率よく日射熱を遮る赤外線吸収材

という、大きく3つの点をクリアされた窓ガラス用遮熱塗料が現在の「ナノスクリーン」です。

ナノスクリーンの特徴

1、「貼る」ではなく「塗る」遮熱 2、一塗りで普通のガラスがECOガラスにチェンジ 3、耐久性はフィルムの約2倍 4、硬さもフィルムの2倍以上!だから傷つきにくい

ナノスクリーンの仕組み

ナノスクリーンの仕組みこの「窓ガラス用遮熱塗料」の中には「紫外線吸収剤」と「赤外線吸収剤」が入っています。「窓ガラス用遮熱塗料」がガラス表面(内側または外側)に塗られると、ガラス表面にこの「紫外線吸収剤」と「赤外線吸収剤」を内包した膜を作ります。

この膜で太陽からの日射に存在する「紫外線」と「赤外線」の一部がそれぞれ「吸収剤」に吸収されます。

ナノスクリーンの効果

近赤外線カットによる遮熱・省エネ・CO2排出削減

35per最大35%の省エネ率。開口部からの熱量流入を抑制し、エアコンの温度設定を上げることができます。

商品・家具・フローリングの日焼け・劣化防止効果

商品・家具・フローリングの日焼け・劣化防止効果

可視光はできる限り多く透過させながら紫外線の室内侵入は、95%以上カットします。室内の商品・家具・フローリングを紫外線による褪色や劣化から守ることができます。

紫外線を外に漏らさないため防虫効果

紫外線を外に漏らさないため防虫効果日中、外側からの紫外線をカットするだけでなく、夜間は室内の照明から発生する紫外線をカットします。
そのため、窓に虫が集まるのを軽減する効果が期待できます。

メンテナンス不要

メンテナンス不要塗膜の基盤がガラスと同じ組成となります。基盤自体も劣化が無く、ガラスとの密着性も高い、硬い基盤(鉛筆硬度6H)が形成されます。耐久年数は20年以上です。

ナノスクリーン」と他社商品、フィルムとの比較

「ナノスクリーン」と他社商品、フィルムとの比較

ナノスクリーンの効果実証実験

①温度変化

ナノスクリーン施工による温度変化のグラフです。ナノスクリーン施工(緑色)と未施工(ピンク)の窓ガラスの内側に温度計を設置し、温度変化を計測しました。グラフはほぼ同一の軌跡を辿っていますが、施工後は温度上昇が抑えられ、特に最高気温に達する時点においては約7~8度の差が生じているのがわかります。

温度検証のグラフ

温度検証のグラフ

 ②紫外線カット

雑誌の片面(写真右側)にナノスクリーン施工のガラスを置き、夏場の日差しの下に2日間放置しておきました。紫外線によって紙が焼けてしまいましたが、ガラスを置いていた部分だけは元の色と変化がありません。

夏場の日差しの下、2日放置しておいた雑誌

夏場の日差しの下、2日放置しておいたもの

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 048-852-7740 受付時間 10:00~19:00(土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら
  • お問い合わせ
Copyright © 株式会社サイホー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.